エゾイソアイナメ

地方名「ドンコ」が有名で、標準和名エゾイソアイナメの名の影が薄くなった魚です。漢字名「蝦夷磯相嘗」英字名「Brown hakeling(褐色の鱈)」タラ目チゴダラ科チゴダラ属。

チゴダラ

漢字名「稚児鱈」タラ目チゴダラ科チゴダラ属。

エゾイソアイナメとは目の大きいことと体色の違いを除いては、両者を区別できず、市場では同じ様に地方名のドンコで罷り通っています。

エゾイソアイナメはアオナメと名がついていますが、磯魚のアイナメとは遠縁のタラの仲間で、函館以南の太平洋沿岸の深海に生息しています。秋近くなると産卵のために浅湯に来る魚で、冬に肝が異常に膨らんで、この肝の旨さが評判となり、前述のメヒカリ同様テレビ番組・雑誌などで紹介され、市場でも寒い時期の商材となった魚です。生産地の東北地方では、大きな肝を十分に利用した数々の自慢の料理があって、他の魚にはない癖のある美味しさが味わえるようです。地産地消っていいな!

【参考資料】おさかな普及センター資料館

ページ: 1 2