カワハギは北海道南部から南の日本各地~東シナ海に分布し、100m以浅の砂底や岩礁帯に群泳します。体は横から押しつぶしたように平らで、菱形。目の上に角が1本生えているのが第1背鰭で、オスは第2背鰭の前部が糸状に伸びています。体表は微小な棘状の鱗で覆われてざらざらしています。魚の皮は身より旨いといったのは、カワハギには通用しません。

私事の話で、戦後、70年も前になりますが、中学校で、鮫の皮の「編上げの靴」が配給、それも抽選で当たって履いた想い出があります。

また、カワハギの皮をなめして財布や名刺入れ、果てはコートまで作った話を聞きました。

ページ: 1 2 3 4 5