クエを含むハタの仲間は世界中に141種が分布していて、そのうち食材していて、そのうち食材となる44種が我が国周辺の海に生息します。生息域はキジハタのように日本海側で本州北部まで分布を広げている種もあるが、多くは中部日本以南の暖かな海の岩礁域やサンゴ礁域に棲んでいます。クエを関東ではモロコ、関西ではアラとかマスと呼ぶように、ハタ類は中部以西の日本では地方名が多く、土佐のクエの水炊き、佐賀県唐津市の秋祭、唐津おくんちのクエの姿煮等、郷土料理としても知られています。これに似たようなアラ料理は、佐賀や長崎など九州各地にあります。お相撲さんの体造りは、魚が一番のようです。

ページ: 1 2 3 4