Tag: サンマ

サンマ③(2011年9月号)

サンマ③

 

8月半ばのこと、市場の中で7人ばかりの会合での話です。「秋刀魚食べたかい?」「ん、刺身で2回」「私は3回かな」今年は旨そうな秋刀魚の入荷が遅かったせいか、いつもの年に比べて食べた回数が少ないような気もします。腸の話になると、食べるのは3人になりました。「苦いというか、甘いというか、大根おろしとのコラボレーション(外国語嫌いの私が、こんな所で使っていいものか)がたまらないネ」と鼻の穴を広げていうと、腸を食べない一人が「ウロコが入っているから食べない」とも「苦いから」とも、食べ物の好き嫌いは個人差があって強制はできませんが、ウロコが腸に入った秋刀魚に当たった人には秋刀魚を嫌いになる理由になるかも知れません。ボーケ(棒受網)で獲った秋刀魚は、網の中でもまれて、ウロコが落ち、そのウロコを呑み込んだ魚で、その魚を当てた人は宝くじを買ってください。きっと当たるかも。私はここ10年位、ウロコを食べた秋刀魚に当ったことがないのです。こんな事で秋刀魚を嫌いにならないで下さい。私の口から云うまでもなく脂がのった秋刀魚は按摩(差別用語かな)泣かせといわれるほど栄養価が高く、20代の女性の86%が悪性貧血といわれていますから、血合に含まれるビタミンB12は貧血にはもってこいですし、トリ目を予防するビタミンAは牛肉ロースの12倍というデータもあります。

この秋刀魚を「兼題」に定例の魚河岸俳句会が8月25日銀鱗会で開催されました。決められた題で俳句を作ることを「題詠」といい、あらかじめ出しておく題を「兼題」といいます。大体「季語」がそれにあたります。毎月、五句の投句の内、二句を兼題の魚にあて、全員で選句した上位二句が魚河岸俳壇に載ります。選ばれた句を中心に意見を述べ合う「合評」をして会を終えます。選から漏れた句でもそれは良い句があって、魚河岸で働く人の心意気が伝わってきます。

今回、魚食普及の一助にもなると思い紹介します。

細くとも脂なくとも 秋刀魚好き

勇気出しサンマ三匹 魚河岸で買う

さんま食べ思いは常に 三陸へ

食卓の主役に抜擢 焼きサンマ

腸苦し大根おろしも 又旨し

ふっくらと手に余り有る 秋刀魚かな

じわじわと音する秋刀魚 網の跡

≪最後に歳時記より≫

秋刀魚焼く匂ひの底へ 日は落ちぬ 加藤楸邨

さんまよりカツレツが好き 子が育つ 尾村馬人

火だるまの秋刀魚を妻は 食はせけり 秋元不死男

 

魚河岸俳句会だからといって魚の句を強制するわけではありませんが、自然と増えてくることは否めません。馬人先生存命時の旧会員の方も、再入会して、我々若い会員を叱咤して下さい。勿論初心者の方も一緒に勉強しましょう。

サンマ②(2008年8月号)

サンマ②

8月半ばのこと、1番の中で7人ばかりの会合での話です。「秋刀魚たべたかい?」「ん?刺身で二回」「私は3回かな」今年は旨そうな秋刀魚の入荷が遅かったせいか、いつもの年に比べて食べた回数が少ないような気もします。

腸の話になると食べるのは3人になりました。「苦いというか、甘いというか、大根おろしとのコラボレーション(外国語嫌いの私が、こんな所でつかっていいものか)がたまらないネ」と鼻の穴を広げて言うと、腸を食べない一人が「ウロコがはいっているから食べない」とも「苦いから」とも、食べ物の好き嫌いは個人差があって強制はできませんが、ウロコが腸に入った秋刀魚に当たった人には秋刀魚を嫌いになる理由になるかもしれません。ボーケ(棒受網)で獲った秋刀魚は、網の中でもまれて、ウロコが落ち、そのウロコを呑み込んだ魚で、その魚を当てた人は宝くじを買って下さい。きっと当たるかも。私はここ10年位、ウロコを食べた秋刀魚に当たったことがないのです。こんな事で秋刀魚を嫌いにならないでください。私の口からいうまでもなく脂がのった秋刀魚は按摩(差別用語かな)泣かせと言われるほど栄養が高いのです。20代の女性の86%が悪性貧血といわれていますから、血合に含まれるビタミンB12は貧血にはもってこいですし、トリ目を予防するビタミンAは牛肉ロースの12倍というデータもあります。

この秋刀魚を「兼題」に8月の魚河岸俳句会が8月25日銀鱗会で開催されました。決められた題で俳句を作ることを「題詠」といい、あらかじめ出しておく題を「兼題」といいます。大体「季語」がそれきあたります。毎月、五句の投句の内、ニ句を兼題の魚にあて、全員で選句した上位ニ句が魚河岸俳壇に載ります。選ばれた句を中心に意見を述べ合う「合評」をして終えます。選から漏れた句でもそれは良い句があって、魚河岸で働く人の心意気が伝わってきます。

今回、魚食普及の一助にもなると思い紹介します。

「細くとも脂なくとも秋刀魚好き」「勇気だしサンマ三匹河岸で買う」「さんま食べ思いは常に三陸へ」「食卓の主役に抜擢焼きサンマ」「腸苦し大根おろしも又うまし」「ふっくらと手に有り余る秋刀魚かな」「じわじわと音する秋刀魚網の跡」

《最後に歳時記より》

秋刀魚焼く匂ひの底へ日は落ちぬ 加藤楸邨

さんまよりカツレツが好き子が育つ 尾村馬人には

火だるまの秋刀魚を妻が食はせけり 秋元不死男

魚河岸俳句会だからといって魚の句を強制するわけではありませんが、自然と増えてくることは否めません。馬人先生存命時の旧会員の方も、再入会して、我々若い会員を叱咤して下さい。勿論初心者の方も一緒に勉強しましょう。

サンマ①(2008年7月号)

秋刀魚

「九寸五分」キュウスンゴブとは読まずに「クスンゴブ」と呼んでください。

「九寸五分」とは約28センチ5ミリの鍔のない単刀です。秋刀魚が単刀に似ているから付けられた名で、何故かキラリと光るものを感じられます。私が魚河岸には入りたての頃、教えられた名ですが、その後、滅多に使いません。

「秋刀魚は目黒に限る」

の落語は皆さんご存知の通りですが、この落語が三五〇年以上前の話で、それ以前から江戸市民の関秋刀魚に対する人気は大変なもので、秋刀魚の別名?も沢山あった様です。

ページ: 1 2 3 4